WORKS | 作品

音楽室のある家

注文住宅

PLACE:交野市

建築家 交久瀬 常浩 一級建築士/GP Associates

枚方高等学校 関西大学 工学部 建築学科卒業。(株)ヘキサにて、住宅・コーポラティブハウスの設計に従事。関西大学工学部建築学科/大阪市立デザイン教育研究所非常勤講師。プランニングから材料選定まで、設計全体を担当。

まるで小さなオルゴールのように、扉を開けると家中に音楽が響くような・・・そんな音楽好きの家族の為の家です。お母さんが家事をしている時でも、バイオリンの音が聴こえてきたり、子供が勉強しているときでもピアノの音が響いてきたり・・・多角形の音楽室をつくることで叶えることができました。すべての部屋を引き戸で仕切っているので、すべて引き開ければ、小さな音楽会でも開けるような仕組みになっています。家は普通、南向きにつくりますが、近隣との関係であえて西向きの眺望を活かしたつくりにしています。一日で一番落ち着くことができる夕方のひとときを夕陽をみながら過ごすことができるリビングやダイニングにしています。天井の高い空間にはロフトを設けているので、面積以上の広がりを感じることができます。更にロフトからはリビングや階段を突き抜けて、1階のの子供スペースへと降りたり、昇ったりできるのぼり棒をつくることでより空間がつながるようになっています。庭としてのスペースはありませんが山採りの個性的な樹木を玄関の坪庭やアプローチのわずかな三角地に植えることで安らぎや落ち着きを与えています。

WORKS LIST | 他の作品を見る