I.F.A innovation・future・architects

WORKS 作品

BOTANIX-緑景を宿す-

注文住宅

2021年 
PLACE:寝屋川市

建築家 竹内美穂+加藤純 一級建築士事務所 作人

竹内:近畿大学理工学部建築学科卒業。青砥建築設計事務所、ステラジアン建築構造研究所、arte空間研究所を経て2001年に事務所共同設立。 加藤:近畿大学理工学部建築学科卒業。浅井謙建築研究所を経て2001年に事務所共同設立。

駅が近く、住宅地と商業地の狭間に位置する敷地周辺は、ひとの往来の絶えない環境のため、街の喧騒を遠ざけて暮らせるよう計画しています。 愛犬と過ごす生活の場は、採光のよい上階に設け、高さのあるバルコニー手摺壁の外面を目隠しとし、内面を反射板として陽光を採り入れることで、住空間の輪郭をバルコニーまで拡張させています。 また、ガラスで囲った階段室を植物で満たすことで緑の借景となり、本来はウチである階段室にソト的な属性を与え、よりソトを感じられるよう考えました。 上階はL型のバルコニーを介して愛犬が階段室を中心に回遊できる場となっており、植物を囲い込んだ階段室の中は、踊り場ののベンチでくつろげる、家の要の空間となっています。

WORKS LIST 他の作品を見る