WORKS | 作品

キオクを引継ぐ家

戸建てリノベーション

PLACE:枚方市渚南町

建築家 浦田彰子 二級建築士/モックケンチクラボ

帝塚山学院大学文学部美学美術史学科卒業。アパレル会社勤務の後、インテリアスクールにて建築・インテリアについて学び、大手リフォーム会社にて数々の事例を経験。2009年8月IFA住宅設計室入社。2012年より小坂と共に屋号を定め、モックケンチクラボをスタート。

親世帯の住居移転を機に、空き家となったご実家を改修し、子世帯が引き継ぐかたちとなりました。 ハレの間として茶室のしつらえがある和室はそのままに、水回りとLDKをメインに改修計画を進めました。
友人家族と共に集まることが多いというご要望から、キッチンとダイニングは一続きになるよう横並び配置とし、庭に繋がるようにオープンサッシとウッドデッキを配置、LDKから庭までを一つの空間として広く利用できるようにしました。 外観や内装は、既存のえんじ色の屋根や玄関庇のアール開口を意識して、所々にそれらの色やアールのデザインを繰り返し使用することで、建物としての統一感がでるようにしています。
家具やフローリングには、えんじ色と相性の良いチェリー材を採用。時と共に増す艶と赤味が、より奥行のある華やかさを空間に加えてくれています。 ご実家の持っていた特性を活かしながら、古い中に子世代の生活スタイルや個性を反映した、懐かしくも新しい家となりました。

WORKS LIST | 他の作品を見る