WORKS | 作品

時を紡ぐ家

戸建てリノベーション

2020年
PLACE:枚方市

建築家 小川文也 + 東野友信 TOFU建築設計事務所

(小川)関西大学大学院工学研究科修了。楠原一明+アーバンフォルム建築研究所にて住宅、住宅改修、共同住宅の設計に従事。TOFU共同設立。(東野)関西大学大学院工学研究科修了。(株)コンパス建築工房にて住宅、オフィスビル、店舗ビル、共同住宅の設計に従事。TOFU共同設立。

築100年を超える古民家のリノベーション。 メインとなるLDKを住宅の中心に配置し直し、その左右に大容量のパントリーや収納を配しながら、洗面室から玄関まで連続した家事動線の短い平面に更新しています。 また庭に面した部分には既存の客間があり、LDKの採光確保が難しい事から、二階を減築して天窓からの光で明るく、かつ気積の大きいのびやかな空間を実現しています。 元々母屋の横にあった蔵も二階を取り払いながら寝室として機能させました。また、浴室も古民家にあわせ、ユニットバスから在来工法でつくり直しています。 結果、古き良き趣はそのままに、現代の生活スタイルに合わせながら性能と空間のアップグレードを試みられたと思います。

WORKS LIST | 他の作品を見る