WORKS | 作品

タテに繋がる家

注文住宅

PLACE:交野市

建築家 交久瀬 常浩 一級建築士

枚方高等学校 関西大学 工学部 建築学科卒業。(株)ヘキサにて、住宅・コーポラティブハウスの設計に従事。関西大学工学部建築学科/大阪市立デザイン教育研究所非常勤講師。プランニングから材料選定まで、設計全体を担当。

1階でも2階でも人の気配を感じる、 繋がりを大切にした空間創造 1階エントランスホールから2階、3階ペントハウスへと階段をめぐるスペースがダイニング・キッチン、リフレッシュルーム、ルーフバルコニーへと緩やかに繋がることで、それぞれの場所が別々でありながら、お互いの気配を感じることが出来る空間づくりを実現。人と人との繋がりを大切にした住まいです。 今回の住まいづくりにおけるこだわりポイントは「居心地の良い場所を沢山散りばめる」と「光と風が通る家」。パティオを覗くモダンテイストの和室、独立したリフレッシュルーム、3階部分となるルーフバルコニーと、光と風が溢れる様々な心地良い空間を実現しました。

WORKS LIST | 他の作品を見る