• HOME
  • 作品
  • 中庭と空に開く -住宅街の中庭型保育園-

WORKS | 作品

中庭と空に開く -住宅街の中庭型保育園-

注文住宅

2019年
PLACE:枚方市東牧野町25-45  かえで保育園
(企業主導型保育園)

建築家 基本計画/実施設計 柳沢究/小川文也 究建築研究室+京都大学柳沢研究室/株式会社TOFU

(柳沢究)京都大学大学院工学研究科修了。神戸芸術工科大学大学院助手を経て、現事務所を設立。京都大学大学院工学研究科建築学科専攻・準教授。/住宅建築に対するポリシーは、生活から生み出されること、時間の流れを受け止めること、街や土地の一部であること、設備に頼らないこと、緑化されること、家は住みこなされて初めて家であること。

(小川文也)関西大学大学院工学研究科修了。楠原一明+アーバンフォルム建築研究所にて住宅、住宅改修、共同住宅の設計に従事。TOFU共同設立。修成建築専門学校非常勤講師。

枚方の住宅地に建つ保育園の園舎である。敷地中央に最大限の大きさで確保された中庭を、深い庇をもつ乳児ほふく室・保育室・地域交流スペース・管理部門(職員室・調理室)の各スペースが囲い込む構成をとる。最も奥まった場所に乳児保育室が配され、道路側にならぶ地域交流スペースと職員室の間が、園への入り口となっている。
計画にあたっては、安全管理ならびに近隣住宅地への騒音抑制の観点から、周囲に対して閉鎖的であることが強く求められた。同時に、安全な屋外空間を確保した上で、内外を一体的に扱う開放的な保育をしたいとの希望があった。そのため、全体を低く抑え外周部に対しては基本的に閉じつつも、中庭および空に向けて可能な限り大きく開く中庭型の構成を採用した。その一方で園内の活動が街からも感じられるように、街路側には特徴的な屋根の架かるアプローチや地域交流スペース、屋上などのオープンな場を設けている。
住宅地にある保育園が何かと取り沙汰される昨今の状況において、周辺既存住宅地に対する配慮と安全かつ開放的な保育空間の両立を企図した。(建築家・柳沢究)

中庭と縁側を中心に各室が分散しながらぐるりと取り囲むシンプルな間取りの保育園です。視線の抜けや園児の溜まり場を上手く取り入ながら、室内外が一体化した原初的な気持ちよさを味わえる空間づくりを目標としています。結果、法規やコストによる素材の制約を受けながらも園児にとって色々な居場所や動きができる『大らかな建築』を柳沢研究室から踏襲する事ができたと思います。(建築家 小川文也)

明るく、楽しく、元気な子供に!かえで保育園では園児を募集中です!
>>かえで保育園のWEBサイトはこちら

WORKS LIST | 他の作品を見る