• HOME
  • 作品
  • 桜を眺める家 - 猫と暮らす-

WORKS | 作品

桜を眺める家 - 猫と暮らす-

戸建てリノベーション

2019年
PLACE:生駒市緑ヶ丘

建築家 村西 弘至 空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所

1970年京都生まれ。生粋の京都人。東京理科大学大学院修了。株式会社藤木工務店を経て、2001年河野太郎と「空間工房用舎行蔵」を共同設立。 気持ちの良い空間。心地よい空間。落ち着きのある空間。…非常に抽象的ですが、人々の“心の琴線”に触れるような空間造りをしていきたいと思います。

少しづつ建て替わりはじめた家もチラホラと見受けられる、いわゆる昔の住宅団地。そんな閑静な住宅街の突き当りにあった築50年程のハウスメーカーが建てた住宅。それを購入されて今回の改修計画は始まりました。初めてこの土地を訪れた時に印象に残ったのは、少し高台にある目の前に広がる公園の景色。春には満開の桜が視界一杯に広がることが容易に想像がつきました。新緑、紅葉と一年を通して目を楽しませてくれる借景を活かすべく、普段の生活空間を公園と同レベルの2階に配置し、3部屋に仕切られていた空間をワンルームとし、光や風は勿論のこと、風景も舞い込むLDK空間としました。飼われている猫ちゃんも自由に動き回れる潜り窓やステップを設けるなど、桜を愛でつつ猫にも優しい住宅となりました。

WORKS LIST | 他の作品を見る