• HOME
  • 作品
  • 柿の木を中心に縁側のある2世帯住宅

WORKS | 作品

柿の木を中心に縁側のある2世帯住宅

注文住宅

PLACE:枚方市

建築家 藤森 大作 一級建築士

大阪芸術大学 芸術学部 建築学科卒業。 (株)オーク建築研究所にて、医療福祉施設、集合住宅、住宅等の設計に従事。 藤森大作建築設計事務所設立。

親夫婦+夫婦+子供3人、計7人が暮らす2世帯住宅 元々敷地に植わっていた、柿の古木を中心に建物を配置し、2世帯をつなぐ装置として縁側をぐるりと設けました。屋根勾配を利用したリビングとスタディーコーナー(あくまで親の思いです・・・実際はおもちゃが散乱する場所)のつながり、柿の木を中心にいい距離感を保てる 「サザエさん」みたいなお家です。

WORKS LIST | 他の作品を見る