• HOME
  • 作品
  • こだわりの詰まった等身大の家

WORKS | 作品

こだわりの詰まった等身大の家

注文住宅

PLACE:枚方市

建築家 松永 康宏 ラフト 一級建築士

京都建築大学校卒業。マニエラ建築設計事務所にてデザイン性のある住宅や診療所を設計。その後ブランテック総合計画事務所で、オフィスビルや斎場など公共性のある建物を設計。 2008年よりGON architectsに在籍後、2015年株式会社ラフトを設立。

静かな住宅地にある角地。道路側が南面となるため、いかに周囲の視線をカットしつつ太陽の光を取り込むかが課題でした。 南側に大きく開口を設ける2階LDKのバルコニーに視線をカットするためのアルミルーバーを設け、スタイリッシュな外観のアクセントとしています。 この住宅は、小さい床面積ですが坪庭風の玄関や、シアタールーム、造作キッチン、ガラス張りの白い鉄骨階段など、さまざまな要素をたくさん詰め込んでいます。 2階LDKは、透明なガラス、ゼブラウッドのフローリング、白いキッチン、ナラの練り付け合板といった異なる素材を用いてコントラストをつくり、モダンな空間にまとめました。 3階ルーフデッキからは枚方のランドマークであるひらかたパークの観覧車や京阪電車が見渡すことができます。また、和室の畳に座るとルーフデッキの手摺が周囲の家をカットし、空だけを見ることができる静謐な空間となっています。

WORKS LIST | 他の作品を見る