• HOME
  • 作品
  • 小さい光庭のある三角形の家

WORKS | 作品

小さい光庭のある三角形の家

注文住宅

2016年
PLACE:交野市

建築家 交久瀬 常浩 一級建築士

枚方高等学校 関西大学 工学部 建築学科卒業(株)ヘキサにて、住宅・コーポラティブハウスの設計に従事。関西大学工学部建築学科/大阪市立デザイン教育研究所非常勤講師プランニングから材料選定まで、設計全体を担当。

はじまりは、コンパクトな長方形の家でした。“小さくても中庭が欲しい”“ウッドデッキが欲しい”“眺望を生かしたい”などのご要望を、限られた予算で計画し、全ての必要な部屋を納めると、採光や通風の良くない、居心地の悪い家になりそうでした。そこで少し、遊びを持って、狭い空間に斜めの角度とイビツな形の光庭、シンボルツリーが生えたトンガったカタチのデッキをつくることで全ての問題を解決しました。 家具職人のご主人はキッチンを含めた造付家具だけでなく、巨匠家具デザイナーの未完の椅子などを探し出し、スケッチからご自身でつくることで、インテリアにもアクセントができました。敷地は高台で、交野平野を見渡せるロケーション。向かいの公園や道路の桜並木を借景に、デッキを突き抜けるように植えた5mを超える「エゴノキ」が芽吹き、光庭の「イロハモミジ」が色づくことで季節感を満喫できる家になることでしょう。

WORKS LIST | 他の作品を見る