WORKS | 作品

公園の森に浮かぶ黒船

注文住宅

PLACE:枚方市

建築家 交久瀬 常浩 一級建築士

枚方高等学校 関西大学 工学部 建築学科卒業(株)ヘキサにて、住宅・コーポラティブハウスの設計に従事。関西大学工学部建築学科/大阪市立デザイン教育研究所非常勤講師プランニングから材料選定まで、設計全体を担当。

奥行きのある敷地に沿って、長く伸びた空間がジグザグに折れ曲ったこの家の一階は、玄関から石貼りの土間、畳スペース、寝室、書斎へと流れるように空間がつながります。土間に置かれた薪ストーブの煙突に誘われるように視線を上へ向けると、三角形の吹抜けに面した木製の窓から、溢れるような公園の緑が目に入ります。 吹抜けの先にある船の甲板に見立てたルーフテラスからはクスノキの枝葉を手にとるような高さで見ることが出来ます。 二階のリビングやダイニングからは、あたかも森の中に建てられたかのような景色が広がります。あえて市街地側の南面には窓を取らず、公園側の北面に大胆に窓を取りました。室内から望むクスノキは、まさに南向きに枝葉を広げ、その美しい姿を見せてくれることでしょう。

WORKS LIST | 他の作品を見る