• HOME
  • 作品
  • 外部屋のある家-狭小地に建つ3階建てコートハウス-

WORKS | 作品

外部屋のある家-狭小地に建つ3階建てコートハウス-

注文住宅

PLACE:枚方市

建築家 松永 康宏 一級建築士/株式会社ラフト

京都建築大学校卒業。マニエラ建築設計事務所にてデザイン性のある住宅や診療所を設計。その後ブランテック総合計画事務所で、オフィスビルや斎場など公共性のある建物を設計。2008年よりGON architectsに在籍後、2015年株式会社ラフトを設立。

3階建ての住宅が並ぶ住宅地。どこにでも広がる日本の一般的な風景が今回の 計画地。この敷地に周囲から遮断された外部の部屋を設けようと考えました。 コートハウスのような形状の外部の部屋は、外壁に囲まれているが屋根はありま せん。雨や雪、風などを取り込み自然を感じることができる外部屋は、LDKと繋 がっています。2階のLDKの天井高は約3.5mもある大空間。ロフトや床の段差 を設け空間の有効利用と同時に変化を持たせています。1つの空間にある段差 の変化は、そこで寛ぐ人の視点の位置を変え、ゆるやかに距離感を作る効果が あります。周囲の建物が変わっても、この家へは影響しないシェルターのような 都市型住宅となっています。

WORKS LIST | 他の作品を見る