WORKS | 作品

四条畷の箱家

注文住宅

PLACE:四条畷市

建築家 向阪 一郎 一級建築士/プラスアトリエ一級建築士事務所

大阪市立大学工学部建築学科卒業 (株)ニュージェック一級建築士事務所を経て、プラスアトリエ一級建築士事務所設立

敷地は戸建て住宅や団地に囲まれた静かな住宅地。特に南側には隣家が迫っている環境で、縁側と開放的な庭が欲しいというクライアントのご要望を実現するためにはやや難しい環境でした。そこで、限定的な範囲であるものの眺望が期待できる2階にリビングを設置し、周辺からの目線を避けた開放的な縁側的外部空間「広縁」も併せて設けることとしました。これにより2階は広縁を中心にほぼワンルームのLDK空間となり、広縁からのさんさんと降り注ぐ日光と切り取られた空、そして西側に大阪平野を見渡すことができる開放的な空間となりました。外観は窓がほとんどない「箱」のような家ですが、一端内部に入ると外観からは想像もつかないほど明るく、クライアントと一緒に作り上げた様々な仕掛けがちりばめられているとても楽しい住まいです。(写真=冨田英次)

WORKS LIST | 他の作品を見る