• HOME
  • 作品
  • Sh House-狭小地に建つ光と風の抜ける家-

WORKS | 作品

Sh House-狭小地に建つ光と風の抜ける家-

注文住宅

PLACE:吹田市

建築家 市井洋右 一級建築士/市井洋右建築研究所

神戸大学工学部建設学科卒業。楠本菊實/Ks ARCHITECTSにて、住宅や店舗など多くの設計に従事。2004年市井洋右建築研究所設立。

19坪弱という小さな敷地に対して、家族4人が快適に過ごせるように、コストを抑え最大限のボリュームを確保しながら、光と風をどう取り入れるかがテーマであった。LDKを拡張するように設けたデッキバルコニーは、壁を高く立ち上げることで、外部からの視線をカットし、落ち着いた半屋外空間として家族の憩いの場がプラスされています。また、小屋裏空間を利用してロフトをつくるなどして豊富な収納量を確保しています。狭小地でありながら、無駄なスペースを省きつつも目一杯空間を使い、さまざまなアクセントを加えることで単調にならず、ゆったりとした光と風の抜ける素敵な家が出来上がりました。

WORKS LIST | 他の作品を見る