• HOME
  • 作品
  • ツナガリノイエ-余白をツナギ、ヒトとヒト・ココロとココロ・時間(トキ)をツナイデイク家に-

WORKS | 作品

ツナガリノイエ-余白をツナギ、ヒトとヒト・ココロとココロ・時間(トキ)をツナイデイク家に-

注文住宅

PLACE:枚方市

建築家 小坂友恵+浦田彰子 一級建築士/モックケンチクラボ

(小坂)一級建築士、カラーコーディネーター (浦田)二級建築士、インテリアコーディネーター、ライフスタイルプランナー 建築・インテリアのアシスタントの経験を通し、住宅設計を学ぶ。IFA住宅設計室に入社 後、お客様を直接担当するプロデュース業務も兼務しながら住宅の設計・監理に従事。 2012年、屋号を定め設計室としてスタート。

20坪の敷地に立つスキップフロアのお家です。敷地の正面は、小学校ということもあり、狭小地でありながら抜け感のある敷地です。間接的に光を取り込むことができる中庭・1.5層の吹抜のあるLDK・内と外とのつながりを感じることができる屋上という3つの余白(ゆとりの感じられるスペース)をそれぞれの層に設けることで、開放感が生まれるよう計画しました。スキップフロアの良さを活かし、LDKや子供室スペースなどにおいて、適度なツナガリと距離感を保ち、家族それぞれが、心地よく暮らせ、楽しい笑顔がこぼれる生活をずっとおくっていける家づくりを目指しました。時間(トキ)と共に変化していく家族の住まい方に合わせ、時には密接に、時には気配だけ、互いの存在を心地よく感じながら暮らせる温かい雰囲気を持ったツナガリノイエが生まれたように思います。

WORKS LIST | 他の作品を見る