BLOG | ブログ

2016年12月の記事

お客様感謝祭レポート

イベントレポート
2016.12.28

IMG_2270+

IMG_2298+

先日お客様感謝祭、題しまして「年忘れ餅つき大会」を開催いたしました。

今回もたくさんの方に来場いただきほんとうにありがとうございました。

IMG_2351+

IMG_2353+

IMG_2252+

IFA住宅設計室では弊社に家づくりを任せてくださった感謝の気持ちを表すと同時に、

私たちスタッフもお客様の元気な姿を拝見しお話ができる場として楽しみにしております。

みなさまにお会いすることができ、とても楽しませていただきました。

IMG_2191+

今年も大変お世話になりました。

あと少しで年越しとなりましたが、たくさんの家づくりに携わることができて

幸せな一年となりました。

 

感謝いたします。

2017年もどうぞ宜しくおねがい致します。

みなさま良いお年をお迎えください!

IMG_2243+

PAGE TOP

IFA建築家作品展開催します

お知らせ
2016.12.23

WEB-TOP (3)

IFAでは「建築家との家づくり」をもっと身近なものにするために、その仕組みを整えています。多くの方が土地や中古住宅探しからはじめられ、建築家と理想の家についてじっくり語り合いながら設計図をつくり、腕のいい職人たちがそれを実際にかたちにしていきます。

その実例を多くの方に見ていただきたく、この度枚方市市民会館大ホールにて、第6回目となりますIFA建築家作品展を開催いたします。

13組の建築家による、20家族の家づくりの実際を写真と模型でご覧いただけます。

建築家と気軽に家づくりの相談をしていただける機会となりますので、みなさまぜひご来場ください。スタッフ、建築家一同こころよりお待ちしております。

B4(257x364)-Tate_omote-[譖エ

B4(257x364)-Tate_ura-[譖エ譁ー

PAGE TOP

宮之阪の家

スタッフブログ
2016.12.19

109

129

先日「宮之阪の家」にて地鎮祭が執り行われました。

建築家:藤森 大作

地鎮祭とは工事着工するにあたってその土地に住む神様を祝い鎮め、

清めた土地を利用させていただき工事の安全と家の繁栄を祈願いたします。

 

地鎮の儀で使用した鎮め物はお預かりして基礎工事の際に、

建物の中心部に埋めさせていただきます。

035+

082

050

何度経験しても地鎮祭は建てさせていただける喜びもありますが

緊張いたします。

そしてこちらのお施主様はなんとIFAの協力業者さんなんです。

普段は現場で家づくりを共にしている仲間に認めていただけたようで

嬉しいですし、感謝いたします。

はじめて家づくりのお話をいただいてから数年が経ちましたが、

無事に今日を迎え感慨深いものがありました。。。

 

お施主様にとっておそらく最初で最後の家づくり。

これから本格的に工事がスタートするわけですが

ご家族に楽しみながら喜んでいただけるよう頑張っていかんと!

125

PAGE TOP

建築研究会@金沢③

建築研究会
2016.12.14

314

316

先日からたびたびご紹介しておりますが、

3日間お休みをいただき、IFAスタッフと建築家と大工さんとで

石川県まで建築巡礼の旅に行ってきました。

いろいろ歩き回った中から少しご紹介いたします。

 

「中谷宇吉郎 雪の科学館」

建築家:磯崎 新

中谷さんの言葉のなかに

「雪は天から送られた手紙である」とあります。

また磯崎さんは

「この建物は、その雪をうける両の掌でありたいと思っている」とあります。

六角形の連鎖する塔を残して、環境にとけこみ姿を消しています。

315

 

 

「加賀片山津温泉 総湯」

建築家:谷口 吉生

309

美術館のような外観ですが公衆浴場とカフェです。

この日は男性が潟の湯でした。(森の湯と潟の湯が男女日替わりで入れ替わります)

おそらく日本一現代的に洗練された温泉施設と言えるかもしれません。

でも地元の皆さんは、ごく当たり前の日常のお風呂として利用されていましたので

そこもちょっとおもしろい雰囲気でした。

310

311

 

「浅蔵五十吉美術館」

建築家:池原 義郎

246

陶芸家で日本芸術院会員・文化功労者の浅蔵五十吉の九谷焼の名作が展示してあります。

水盤にうつりこんだ紅葉と光。

そして装飾的に緻密に造りこまれたディテールが印象的でした。

244

247

 

以前にも何度か金沢には足をはこんでいましたが、

今回これほどまでにたくさんの名建築に出会えるとは

思っておりませんでした。

ご案内いただいた建築家の交久瀬先生には感謝です。

皆様も近くに来られるときは少し立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

326

 

330

PAGE TOP

香里ヶ丘の家

現場レポート
2016.12.09

IMG_1890

先日、「香里ヶ丘の家」はお施主様のご厚意により完成見学会をさせていただきました。

たくさんの方にご来場いただきまして誠にありがとうございました。

なにより完成見学会にご協力いただいたお施主様にこの場をおかりして御礼申し上げます。

 

建築家・作人

弊社カメラマンによる竣工写真の撮影が執り行われました。

是非ご覧ください。

IMG_1728

IMG_1752

IMG_1749

IMG_1674

IMG_1859

IMG_1809

IMG_1803

IMG_1862

IMG_1868

photo_Shogo Nakashima

 

そして、先日無事お引渡しを迎えることが出来ました。

上棟式の宴席がこの間のコトのようですが

現場打合せがなくなるのかと思うと少しさみしい気もします。

214

223

実はお施主様のご両親の邸宅も数年前にIFA住宅設計室で建てさせていただき

2世帯わたってのお付き合いとなります。

ほんとうに感謝いたします。

IMG_3140

PAGE TOP

ギャラリー定休日のお知らせ

お知らせ
2016.12.09

 

12月21日(水)より、枚方市山之上のIFAギャラリーは

毎週水曜日を定休日とさせていただきます。

フリーダイヤル、お電話での受け付けもお休みさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、ご了承願います。

PAGE TOP

建築研究会@金沢②

建築研究会
2016.12.08

198

197

先日3日間お休みをいただき、IFAスタッフと建築家と大工さんとで

石川県まで建築巡礼の旅に行ってきました。

いろいろ歩き回った中から少しご紹介いたします。

 

「金沢海みらい図書館」

建築家:シーラカンスK&H

シンプルな箱型にドット柄のファサードが印象的なんですが、

内部の展示室に行くと図書館なのに歓喜の声を出してしまいそうでした

「とにかく気持ちの良い展示室をつくりたかった」のコンセプトのとおり、

非常に気持ちの良い空間が広がっていました。

天井照明は一切ありません。図書棚などの照明を除けば

すべて丸窓からの自然照明が白い壁面を反射して館内全体を明るくしています。

199

200

 

「金沢市立玉川図書館」

建築家:谷口 吉生

206

はい。

また図書館です。

金沢の人は身近に素晴らしい公共建築がたくさんあってほんとに羨ましいですね。

そして驚きなのが共同設計者に父・谷口吉郎の名がっ!

最初で最後の親子コラボだそうです。

鋼板とガラスと煉瓦の相性が良く親子がつくった明るい気持ちの良い図書館でした。

207

205

 

 

「金沢21世紀美術館」

建築家:SANAA

212

まちに開かれた公園のような美術館。

多方向性・水平性・透明性をキーワードに

気軽に楽しめるこれまでになかった美術館です。

あまりにも新しく斬新で好き嫌いはあるかもしれませんが

とにかく美しい建築だと思います。

214

213

 

「石川県西田幾多郎記念哲学館」

建築家:安藤 忠雄

208

世界のANDO。。。あまりにも有名なRCの巨匠ですね。

批判ではなく他のANDO建築と比べると

スケールが小さい気がしてしまうところが残念です。

淡路夢舞台や地中美術館など海や水面・現代アートが

安藤さんにはやっぱりお似合いだと思います。

201

204

202

旅はあと少し続きます。。。また次回ご紹介いたします。

PAGE TOP

建築家を深く知るシリーズ02.井上昌彦展が始まります。

イベントレポート
2016.12.07

15268060_718119685017972_7973323301326593249_n

4週にわたって楽園不動産で開催されている建築家個展。

あっという間の後半戦、第三週目は、井上 昌彦氏です。

京都工芸繊維大学住環境学科卒業後、1990年に独立し京都に事務所を構え、

25年以上にわたって近畿中心にご活躍されています。

IFAでは今年の5月に楠葉で、

中庭に面したLDKが魅力的な新築注文住宅が完成しました。

15

そんな井上先生に家づくりへの思いを、少し公開いたします。

家づくりについて/井上 昌彦
快適な空間、豊かな家

快適な明るさ、眩しいほどの輝くような明るさから
薄暗く奥行きのある明るさ。

快適な広さ、一人分の親密で小さくまとまった広さから
全体を見渡せるような雄大な広さ。

多様にある空間の快適性。
外部の環境との快適な関わり方。
僅かな陽射しの変化や風の流れに敏感に反応する空間。
自然の豊かさを感じる家。
繊細な感受性を育む家。
住み込むほどに時の流れを深く刻む家。

大切なことは、様々な空間の可能性探しながら、
自分にとっての快適で豊かな家がどんなものなのかを
じっくり考えてみることです。

あなたにとっての快適で豊かな家を一緒に探しましょう。

10

井上昌彦展 詳しくはこちら
先生が楽園不動産に在廊くださるのは、12月10日・11日です。
皆様のご来場を、スタッフ一同お待ちしております。

井上昌彦 一級建築士/略歴
1960年 京都府生まれ
1985年 京都工芸繊維大学住環境学科卒業
1990年 L.V.M.計画 一級建築士事務所設立
2005年〜京都府立大学非常勤講師

イベントについては楽園不動産BLOGにて、お施主様の家づくりエピソードと共に公開しています。ぜひご覧下さい。>>楽園不動産スタッフブログをみる

PAGE TOP

建築家を深く知るシリーズ02.作人展本日最終日です

イベントレポート
2016.12.05

facebook400

先日12/2(金)より、建築家個展第二週目の作人展がはじまっています。

枚方の旧街道にほど近い町家に事務所をかまえ、夫婦で活動している作人。
周囲の家との関係性を考慮して住み手のプライバシーをまもりながら、「日中電気をつけなくても明るい家」にこだわりをもち、両立させています。

一見「窓がない!」という作品が多いですが、中に入ってみると太陽の光がたくさん差し込むここちよい空間がひろがります。

森上様邸_001

(走谷の家:「要塞のような家にしたい」というご主人の言葉から始まった、三角形の敷地に建つ住宅。要望通り、道に面している壁にある窓はほんの少し。>>くわしくはこちらからご覧いただけます )

ih15_MG_0062

作品展は本日が最終日です。
夜7時まで開催しておりますので、お買い物帰りやお仕事帰りにお時間がある方はぜひお立ち寄りください。

お施主様もぜひお気軽に遊びにいらしてください。

ご来場こころよりお待ちしております。
A4(210x297)-Tate_ura_OL

PAGE TOP