BLOG | ブログ

2016年11月の記事

建築研究会@金沢①

建築研究会
2016.11.28

196

先日3日間お休みをいただき、IFAスタッフと建築家と大工さんとで

石川県まで建築巡礼の旅に行ってきました。

いろいろ歩き回った中から少しご紹介いたします。

「鈴木大拙館」

建築家:谷口 吉生

鈴木大拙は著作によって禅文化を世界中に広めた仏教哲学者です。

こちらの建物は鈴木大拙の生涯に学び、その思想に出会う場所です。

鈴木大拙を知る「展示空間」

鈴木大拙の心や思想を学ぶ「学習空間」

それぞれ自らが考える「思索空間」

の3つの空間で構成されています。

法隆寺宝物館もそうでしたが谷口建築にはいつもどこか和を感じます。

211

 

「山城温泉 総湯」

「九谷焼窯跡展示館」

建築家:内藤 廣

内藤氏が10年以上関わってきた、山代温泉の総湯(共同浴場)を中心とした周囲の

街並みを歩いてきました。

残念ながら窯跡展示館は休館日でしたが、

総湯と古総湯にはゆっくり浸かることができました。

325

327

 

「石川県九谷焼美術館」

建築家:象設計集団

319

320

 

美術館イコール白い壁という常識からかけ離れ、建物そのものが九谷焼を

表現するように色とりどり、素材も様々。

公園(外部空間)もしっかり計画されいて、

海外の建築のような独自の心地よさを感じます。

322

321

323

324

旅はまだまだ続きますので次回ご紹介させていただきます。

PAGE TOP

香里ヶ丘の家

現場レポート
2016.11.25

016

014

「香里ヶ丘の家」はお施主様のご厚意により完成見学会をさせていただきます。

ほんとうに感謝いたします。



建築家:作人

351

015

ぜひ現場に来てみて体感してください。

すぐに答えはでなくても

必ずお家づくりの参考になるはずです。

見学会は今週末の11月26日・27日(土・日)の2日間

時間:10:00~17:00

住所:枚方市香里ヶ丘12-6-4

見学自由となっておりますので、お気軽にお越しください。

ご予約も承っています、HP内見学会予約よりお申し込みください。



※会場には駐車場はございません。

最寄りのコインパーキングまたは公共交通機関をご利用ください。

A4(210x297)-Tate_omote__OL

PAGE TOP

建築家を深く知るシリーズ02.建築家個展開催します。

イベントレポート
2016.11.22

A4(210x297)-Tate_ura_OL-藤-2

建築家を深く知るシリーズ01.交久瀬 常浩展に続き、

今週末11/25(金)より4週にわたって、4組の建築家の個展を開催いたします。

まず第1週目は藤森大作先生。

枚方生まれ、枚方育ちの藤森先生。

実は事務所もIFAの山之上ギャラリーのすぐ近くにあります。

交久瀬先生が務めていた設計事務所で一緒に働いていた縁で、独立を機にIFAにやってきました。交久瀬先生と同じくIFAにて精力的にご活躍されています。

1_ok06_MG_8794-1024x668

(写真:「モグラハウス ~潜り込む家~」敷地形状を利用したスキッププランとし、吹き抜けを介して家族の居場所がどこにいても見えるつくり。
詳しくはこちらからWORKSをみる

11/27(日)は在廊日となっており、建築家と自由に対話できる機会です。

お施主様もぜひお気軽に遊びにいらしてください。

皆様のお越しをこころよりお待ちしております。

A4(210x297)-Tate_ura_OL

PAGE TOP

建築研究会@大阪

建築研究会
2016.11.21

15085538_1027253034053565_8943310389464977541_n[1]

IFA建築研究会に参加してきました。
お客様であった紺谷。

IFA通信で報告を読んでいましたが、今回は、社員として自分が参加です。

安藤忠雄の元生家というマニアックなスタートから、安藤忠雄設計の「日本橋の家」(現ギャラリー)にて建築家の住宅模型展を鑑賞し、
岸和朗設計の「日本橋の家」(間口なんと2.5メートル!)、
村野藤吾設計の「大成閣」にて昼食をとり、
安藤忠雄設計の「galleria acca」
移動して安藤忠雄の代表作、「住吉の長屋」で時を刻んでもなお美しいファサードに感動し、 村野藤吾の処女作かつ最晩年作である「日本基督教団 南大阪教会」を見学。そこから、交久瀬さんの在籍したヘキサによる「Rojiコート」、 天王寺の元村野藤吾の事務所を外観から見学し、是非とも中を見たいと願いつつ、 最後は社長のご希望で、ハルカスに上るという。
なかなかお腹一杯!なコースでした。

今回、日本橋の家では、元住人であり、最近ギャラリーへとリニューアルされた金森氏、 南大阪協会では、牧師様にお話を伺うことができました。

日本橋の家は、間口3m、奥行15m、建坪13坪の都市型狭小住宅です。
行ってみて驚くほど、にぎやかな街中にあって、誰もが通り過ぎてしまいそうな細い間口の建物です。
入ってみると、細い階段で上へ導かれ、3階部分の中庭に着きます。
この部分には、住み始めてから可動式の屋根をつけられたとのこと。
中庭には、左右二つの階段が向いあっていて、4階の2つの子供部屋へとつながります。
そう、子供部屋の行き来は、一度階段を下りて上らないといけないわけです。

IMG_9307

住吉の長屋は、中庭に屋根がありません。
トイレに行くのも傘をささないといけない。これは有名な話ですね。

日本橋の家のエントランスには、安藤さんからのお手紙が貼ってありました。
「難しい家だと思いますが、頑張って住んでください。」

IMG_93092

コンクリート打ち放しの家は、かっこいいですが、寒さや結露などもあり、
一般人からすると、住みこなすのが難しいのでは?と感じます。
しかし、金森さんは、本当にこのお住まいを気に入っておられて、 住んでいたころの様々なエピソードや、好きな空間、好きな時間など色々お話下さいました。
この安藤建築のすばらしさを、皆さんに伝えたい思いで、
ギャラリーとしてリニューアルされたそうです。

1981年に建てられた日本基督教団 南大阪教会の礼拝堂も、とても大切に使われており、ほぼオリジナルそのものの姿を見ることができました。
カタコンベをイメージししてつくられたという教会内部は、 静寂で落ち着いた空間となっていて、 凹凸感のある壁面や、オリジナルの照明と控え目にあけられた窓のリズム、 年月を重ねた家具や手すりなどの使い込まれた雰囲気も、 全てが奇をてらわず、丁寧につくられた、居心地のいい建物でした。 (残念ながら内部写真は掲載不可でした。ぜひ実際に見学に行ってみて下さい)

こちらは日本基督教団 南大阪教会の塔屋。こちらは1928年に建てられたもの。

IMG_9319

どちらの建物も、建築家の思いがこもった作品を、使う人が価値を認め、本当に愛情をもって使ってこられたのが伝わりました。
共に年月を経ていますが、古さではなく、「生きている」建物として、 現在進行形で使用され、人々に愛されているというのが素晴らしいですよね。

ライターでもなんでもなく、すごく素人の感想で恥ずかしいですが、 建築研究会のツアーを通じて、愛着を持って使われていく建物、まさに「次の世代に住み継がれる家づくり」というIFAのコンセプトに、 自分も貢献していければなぁと思った一日でした。

それにしても、交久瀬・真島両先生の知識には驚きました。
私ももっと勉強しないといけません!
アテンドして下さった交久瀬先生、企画して下さった室長、
皆様、ありがとうございました!

楽園不動産でも建築家展、続きます。詳しくは、こちらから。(紺谷)

PAGE TOP

ヒマワリハウス

現場レポート
2016.11.17

IMG_2570

IMG_2571

本日「ヒマワリハウス」にて上棟式が執り行われました。

IFA住宅設計室では建て方から数日後に

お施主様のご厚意で上棟式を執り行っていただいております。

ほんとうに感謝いたします。

四方清めは米をお施主様に、

塩を建築家・藤森先生に、

酒を大工棟梁・坂本大工に捲いていただきました。

みなさんでチカラをあわせてこれからも家づくり頑張りましょう!

IMG_2572

お施主様のお心遣いを感じると

「住宅建築をしていて本当に良かったなぁ」と思います。。。

IMG_2573

 

建て方当時の小屋組・屋根部分の工事の写真です。。。

14938277_401813203276426_5217785408523642152_n

13938418_401813219943091_5398257694666280763_n

14938273_401813233276423_5297519643914360255_n

062

PAGE TOP

IFA通信発行しました!

お知らせ
2016.11.15

IMG_4838

お客様とIFAとをつなぐ、季刊誌IFA住宅設計通信のvol.60を発行しました。

今回は先月開催した交久瀬常浩展、ギャラリーワークショップ、ファミリー感謝祭のレポートなどもりだくさんです。スタッフコラムでは藤岡が自身の家づくりの体験をつづっています。

建築家エッセイでは、いつもご協力いただいている交久瀬先生にくわえ、作人の加藤先生、TOFUの東野先生に書いていただきました。

順次発送いたしますので、よろしければぜひご覧ください。

アシスタント 中井

PAGE TOP

職場体験に協力させていただきました

スタッフブログ
2016.11.13

IMG_4797

先日二日間に渡り、近くの中学生16名がIFAの仕事を体験しに来られました。今年で5年目となります。

楽園不動産の店舗やコンセプトハウスの見学や、建築図面の作図、交久瀬先生の建築講座などを通して、建売住宅やハウスメーカーとは異なるIFAの家づくりの魅力を体感、また様々な職種のスタッフや職人が支えていることを体験してもらいました。

IMG_4806

IMG_4809-2

中でも工事真っ只中の現場で行った、大工体験ではみんな目を輝かせていました。

IMG_4791(大工釘打ち体験。使うのは屋根の仕舞につかう9cmの釘。初めての人が打ったら途中で曲がってしまうはずが、みんな曲がることなくすんなりクリア。上手すぎて大工さんもビックリでした)
そして今回は特別に、数年前にIFAで家づくりをしてくださったお施主様の自宅に訪問させていただきました。

ih15_MG_0062

最後は二組に分かれ、ギャラリーの床塗装とお客様用のコースターをつくってもらいました。ギャラリーの床は土足で使用しているため、雨染みなど痛みが気になっていたナラのフロアも、風合いを残しながら艶が戻すことができました。

IMG_4823

(現場で余ったフロア材をコースターに。焼印を入れて仕上げます。ギャラリーに来られた際はぜひご注目下さい。)

IMG_4828

私がデザインの世界に興味を持ったのも中学生の頃。
数ある選択肢の中から弊社を選んでもらったので、ただ仕事を手伝ってもらうだけでなく、何かを感じとってもらいたいとスタッフみんなで企画を考えました。至らないところはたくさんありましたが、学生さんたちにとっていい思い出になっていたらいいな、と思っています。

ご協力いただいたお施主様にはこの場をかりて御礼申し上げます。

アシスタント中井

PAGE TOP

香里ヶ丘の家

現場レポート
2016.11.12

IMG_2489

本日「香里ヶ丘の家」にて現場打合せがありました。

RC打ちっ放し壁のお披露目です!

IMG_2488

「香里ヶ丘の家」はお施主様のご厚意により完成見学会をさせていただきます。

ほんとうに感謝いたします。

 

建築家:作人

 

312

内装仕上げ工事にモールテックスを採用。

他にもアイアン塗料など多種多様な素材を採用。

IMG_2492

IMG_2491

ぜひ現場に来てみて体感してください。

すぐに答えはでなくても

必ずお家づくりの参考になるはずです。

見学会は11月26日・27日(土・日)の2日間

時間:10:00~17:00

住所:枚方市香里ヶ丘12-6-4

見学自由となっておりますので、お気軽にお越しください。

ご予約も承っています、HP内見学会予約よりお申し込みください。

 

※会場には駐車場はございません。

最寄りのコインパーキングまたは公共交通機関をご利用ください。

 

A4(210x297)-Tate_omote__OL

PAGE TOP

吹田の家

2016.11.10

IMG_72151

吹田の家では解体工事が完了し、更地の状態になりました。

IMG_72211

家が建っていた時とは違う風景だと思います。

これから工事の無事を願い、地鎮祭を執り行います。

藤岡

 

PAGE TOP

吹田の家

現場レポート
2016.11.04

IMG_71321

吹田の家では解体が進み、早くも上物(建物)がなくなりました。

現況の基礎とお風呂場にあたるところがまだ残っていますが、綺麗に敷地の形が露わになりました。

IMG_71341

IMG_71361

もう少しで解体工事も完了します。

更地の状態になるのが楽しみです。

藤岡

PAGE TOP

吹田の家

現場レポート
2016.11.02

IMG_81441

IMG_81461

photo_Shogo Nakashima

「吹田の家」では古家の解体工事が着工されました。

もともとお施主様のご親族の方が住まわれていた場所で、古家を取り壊し新たに家づくりをお手伝いさせていただきます。

お施主様のお母様は幼少期に住んでおられたこともあり、解体の前に「最後に一目」と中をご覧になられ、無事に工事が終わることを祈って、お浄めをしてくださいました。

その後、重機にて建物本体を取り壊していきました。

IMG_70741

重機での作業のため、順調に解体が進んでいました。

IMG_70821

IMG_70861

IMG_70911

お施主様からすると思い出がつまった建物を壊してしまうことは、名残惜しい気持ちもたくさんあるかと思います。

これから始まる新たな家づくり。

家づくりして良かったと思えるよう努めて参りたいと思います!!

藤岡

PAGE TOP

WORK STORY 更新しました

お知らせ
2016.11.01

1

IFAの不動産部門、楽園不動産のHPで連載されている、お施主様にIFAとの家づくりについてインタビューするWORK STORYが更新されました。

今回は平岡建築デザイン設計の「眺望のスキップハウス」へお邪魔し、O様ご夫妻にお話を伺いました。

今のお家の住み心地や当時のスタッフや建築家とのエピソードを語っていただいています。

IMG_6595

HPに掲載されている竣工写真はお引っ越し前に撮影させていただいたものですが、ご夫婦の暮らしがはじまって、より魅力的になったお家の様子も見どころです。

ぜひご覧ください。楽園不動産WORK STORYはこちらから
竣工写真はこちらからご覧いただけます。

17

PAGE TOP